収納の工夫

収納するダンボールにひと工夫してらくちん出し入れ

 

押入の天袋やクローゼットの棚の上に収納したダンボール箱。

 

兜飾りや雛人形を入れている箱は重い!!

 

年に1回の行事とはいえ、毎年の出し入れには苦労しませんか?

 

ダンボールに手を加え、出し入れをスムースにしたアイデアを紹介します。

 

準備するもの:
ビニールひも・ガムテープ・ブックエンド2コ・どこでもキャスター

 


 

ビニールひも、ガムテープは適当に選んで頂いて構いませんが、ブックエンドは上記の写真のような形のもの、またキャスターは上記のどこでもキャスターがおすすめ。

 

 

ダンボールの底の四隅にどこでもキャスターを取り付けます(付属のマジックテープ使用)

 


 

次に写真のようにダンボールの側面と底面の隙間からブックエンドを差し込みます。

 

 

ブックエンドを差し込んだ面は、棚の奥側になるように。

 

ブックエンドがダンボールから外れないようにガムテープで固定。

 

続いて、ブックエンドに紐の一端を結び、箱の下側に沿わせて手前まで紐を伸ばします。

 

 

適当な長さに切って先端をくくって完成。

 

 

ブックエンドを差し込んだ側面は写真のように少しだけ(約2cm)飛び出ています。

 

木材に当たると傷をつける可能性はあると思うので、プチプチ(気泡緩衝材)など付けておくと良いかと思います。

 

 

ダンボールにひと工夫でのメリットは以下の3つ。

 

①棚に乗せたあとは軽い力で動かすことができる
②ダンボール、棚板に傷がつきにくい。
③収納棚の奥にある時、横に他の荷物がある時にひもで引っ張り出せる

 

収納の工夫の一つとしてご参考になれば幸いです。

 

ちなみにこのダンボール中に入っていたものは

 

 

でした。

 

 

 

 


関連ページ

ヘルメットの収納の工夫
児童・幼児の自転車着用時のヘルメットの収納を工夫してみました。
洗面所の収納の工夫
洗面所の収納力をアップし、毎日簡単取り出し、スッキリ収納のテクニックを紹介。賃貸住居居住者も必見!!
下駄箱の扉の内側を利用した収納の工夫
玄関に置いておきたいものを目立たずスッキリ収納するテクニックを紹介

トップページ 3Dプリンタ関連 便利グッズ 収納の工夫 プロフィール お問い合わせ