発明好きなおばさんのアイデア商品便利グッズのサイト

【番外編】任意保険無加入者との損害金請求の交渉

 

被害者と加害者の間で過失割合が0:100と決定した場合、0となった被害者は保険金の支払いが発生しない為、今回のようなケースでは通常は加害者側の損害保険会社の担当者と被害者とで交渉するようになるそうです。

 

ただ、加害者は任意保険無加入者です。

 

その事を前提で解決するまでこちらの損害保険会社で何とか交渉をして頂けないか依頼したところ、快く受けて頂けました。

 

ダイレクト損害保険なので電話やメールのみのやり取りになりますが、逆に日中、仕事で動けない夫には好都合の連絡手段となりました。実際のやり取りの内容と時間を見て頂ければ分かって頂けると思います。

 

 

 

解決に至るまでなんと57件の経過報告を頂きました。

 

 

相手とのやり取りや、修理会社とのやり取りまで詳細に経過報告を頂いています。

 

 

8月9日で「本補償の登録は取り消し」となりました。 もしも解決しなければ、自分の保険を使って車を修理できる選択肢を最後まで残して下さいました。
私にとっては神対応の損害保険会社様でした。また今回の対応は完全に損害保険会社側のサービスです。

 

経過報告のページ以外にもコミュニケーションボードで担当者とのやり取りもありました。一部紹介します。

 

 

弁護士費用特約を付けていなかったにも関わらず弁護士にも相談して頂きました。

 

 

 

支払いが滞った場合の対処方法も事細かくご教示頂いていることが分かると思います。

 

今回は損害保険会社さんの対応によりスムースに示談交渉が終了しましたが、もしも滞っていた場合は当方で書類作成や請求など相当な時間を費やしたかもしれません。

 

加害者が任意保険無加入者ということ自体が珍しい事ですが、このような場合には弁護士費用特約を付けていれば、弁護士が代わりに対応してくれるそうです。今では特約を付けています。

 

今回のような損害保険会社の対応は珍しいケースで滅多にない事だとは思いますが、そのような状況でも親身になって対応して頂きました。対応力はとても高くどんな事故でも安心であると確信しています。

 

このような経験から我が家は、損害保険会社は現状ここ以外に考えられません。ここまで読んでくださった方ありがとうございました。是非ご参考に!!

 

 

 



トップページ 3Dプリンタ関連 便利グッズ 収納の工夫 プロフィール お問い合わせ